『性の進化史』を読んだ

目次 第1章 いまヒトのY染色体で何が起きているのか? 第2章 「性」はなぜ存在するのか 第3章 性決定と性染色体 第4章 性染色体と遺伝 第5章 染色体異常 第6章 「性」はどのようにして決まるのか 第7章 性染色体の … 

 

『細胞死・アポトーシス集中マスター』を読んだ

発生、免疫、神経系など、生き物の話を読むのにハマっているのですが、必ず登場するワードがアポトーシスです。単細胞生物から多細胞生物になって、色々な細胞がうまく協働して一つの個体として成立しているわけなので、正常ではなくなっ … 

 

『遺伝学概説』を読んだ

目次 1. メンデル性遺伝 2. 染色体の行動と遺伝の染色体による基礎 3. 遺伝子の化学的性質 4. 性染色体と伴性 5. 確率分析 6. 家系分析 7. 生活環 8. 連鎖と染色体地図の作成 9. 細菌およびウイルス … 

 

『感染症と生体防御(’18)』を読んだ

目次 1. ヒトと感染症の歴史 2. 免疫学総論 3. 細菌感染と免疫応答 4. ウイルス感染と免疫応答 5. 市中感染症① 6. 市中感染症② 7. 結核 8. HIV感染症 9. 真菌感染症 10. 寄生虫感染症 1 … 

 

『人間の生と性』を呼んだ

目次 I 性の意味 II 性の分化と生長 III 性と進化 IV 人間の性をあやつるもの V 性の季節性 VI 社会と性 感想 1982年の本で、メルカリで『性の源をさぐる』(1986)とセットで売られていたのを入手しま … 

 

Giant Escape Air 2014のパーツ換装

下駄として酷使しているGiantのクロスバイクのEscape Air 2014、長年の雨ざらしと適当なメンテもあり、すっかりガタガタだったので問題箇所を交換した記録。 今回行った変更 軽い気持ちで換装を始めたら芋づる式に … 

 

『基礎から学ぶ遺伝子工学 第2版』を読んだ

目次 長いので羊土社のページを参照 感想 前の投稿でも書いた通り最近researchat.fmというバイオ系研究者のPodcastを聞いているのですが、特に論文を紹介する「ガチ回」では耳に入ってくるタームが「知っている」 … 

 

『性の源をさぐる』を読んだ

目次 I ゾウリムシとのめぐり合い —その性をもとめて— II 性と受精 —発生学と遺伝学の顔のちがい— III ソネボーン学派への参加 —ゴッドファーザーと仲間たち— IV 分子生物学の潮流 —その中をゾウリムシは泳げ … 

 

『「かわいい」工学』を読んだ

どんな本か 感性工学の本 ものつくりの感性価値として特に人工物の「かわいい」に着目した筆者の一連の研究のまとめ 質問紙に加えて生理的指標も併せて「かわいい」という感性価値を構成するパラメータを探っていく感じで、こういう感 … 

 

東北大学MOOC「進化発生学入門−恐竜が鳥に進化した仕組み−」を受けてみた

MOOCというのはMassive Open Online Courseの略でインターネット上で公開されている公開授業のことで、日本版のJMOOCを見ると講義が結構充実していることに気がついたので試しに一つ受けてみることに … 

 

『ニューロダイバーシティと発達障害』を読んだ

読んだ理由 「ニューロダイバーシティ」という考え方に興味 表紙の文言が個人的に怖い方向に行ってそう 目次 序章 人は皆、障害を持ったサルである 第1章 洞窟壁画の無名の画家たち 第2章 うわの空のエジソン 第3章 無筆の … 

 

『プログラムはなぜ動くのか 第2版』を読んだ

読んだ理由 低レベルで何やってるのかイマイチ理解していない Kindleセールで購入 目次 第1章 プログラマにとってCPUとはなにか 第2章 データを2進数でイメージしよう 第3章 コンピュータが小数点数の計算を間違え … 

 

『人が自分をだます理由』を読んだ

読んだ理由 図書館にあった 目次 第1部 なぜ動機を隠すのか 第1章 動物の行動 第2章 競争 第3章 規範 第4章 不正 第5章 自己欺瞞 第6章 偽の理由 第2部 日常生活のなかの隠れた動機 第7章 ボディ・ランゲー … 

 

廉価版BeatsXとして見たSonyのWI-C310が結構いい感じ

だいぶ前の話だが、BeatsXが壊れてしまった。 ワイヤードイヤホンでつないでいたのは、Airpodsのノイズキャンセリングがそのうち出るという噂があったからだと記憶している。ということで、かなりの期間をワイヤードイヤホ … 

 

『生物と無生物のあいだ』を読んだ

読んだ理由 図書館にあった 書名に聞き覚えがある ウイルスとか生命定義あたりの議論を期待 目次 第1章 ヨークアベニュー、66丁目、ニューヨーク 第2章 アンサング・ヒーロー 第3章 フォー・レター・ワード 第4章 シャ … 

 

『新版 日本人になった祖先たち』を読んだ

読んだ理由 図書館にあった 船泊遺跡の縄文時代女性の核ゲノム決定されたばかりなので、最新情報がほしい 目次 第1章 遺伝子から私たちのルーツを探る 第2章 アフリカから世界へ――DNAが描く新人の拡散 第3章 DNAが描 … 

 

16インチMacBook Pro買ってしまった…

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)の調子が悪くて、修理するかアップデートするかという2択に迫られたけど、最終的にちょうど発売されたばかりの16インチMacbook Proを購 … 

 

『利己的なサル、他人を思いやるサル』を読んだ

読んだ理由 道徳性の起源に関する議論に興味 ドゥ・ヴァールはよく見るので読んでおきたい 図書館にあった 目次 第1章 モラルは進化するか 第2章 他人の気持ちを知る 第3章 罪と罰と恥 第4章 目には目を 第5章 情けは … 

 

霊長類がシェアハウスするということ

この記事はシェアハウスのアレコレ Advent Calendar 2019の16日目の記事です。 シェアハウスはメリットが多い居住形態で、住民との交流・生活体験などの主観的なものでなくとも、物件から生活家電、ライフライ … 

 

『エピジェネティクス――新しい生命像をえがく』を読んだ

読んだ理由 しょっちゅう出てくる「エピジェネティクス」をちゃんと把握しておきたい 図書館にあった 感想 最近生物系の本をよく読むので「エピジェネティクス」をよく見かけるし、注目の集まっている分野ということでここらへん …