君の心はぴょんぴょんしてるかい?

シェアする

2017年11月17日の仙台。平日の朝一番でガラガラの映画館の中央席に座っていた僕は一人泣いていた。

大船渡には映画館はない。ゆえに劇場版「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~」を見ることはできない。あまりにもつらい。

最も早く安く見るには仙台に向かう必要があるが、移動だけで往復5,000円がかかる。ごちうさのためなら出費もいとわないというのが理想だが、そこで躊躇してしまう無職の無力さに打ちひしがれていた。あまりにもつらい。

そんなことを嘆いていたら、たまたま仙台に用事がある人がいたので乗せてもらえることになった。夜に到着予定だったのでその晩は公園で野宿して翌日映画を見て適当に仙台をブラブラして帰ることにした。

1泊だけだったので荷物も最小限にした。具体的には21リットルのバックパックに寝袋とピローとマット、着替え、iPadとKindleとWimaxルーター、あとはモバイルバッテリーくらい。野宿セットを持っていくとなると40リットルザックだったんだけどグラウンドシートとかを省いたおかげでなんとかギリギリ詰め込めた。

この日は全く運動してなかったので22:30に南仙台駅付近に到着してから0時付近まで深夜徘徊しまくって何とかApple Watchのリングを完成させた。運動後は極楽湯名取店で死ぬほどサウナして自転車旅行のときに野宿した公園に向かった。

ここは雨よけも複数あるし、ベンチもあるし、駐車場もあるし、何よりコンビニと半田屋が近い。満点に近い。野宿だけじゃなくて昼間に来ても過ごしやすくていい公園だった。だからというわけでもないけど、あんまり迷惑かけないように気をつけたい。

以前に長野の王滝村で-10度でも野宿できたし余裕かなと思っていたけど、今回は寝袋の結露がやばかった。0度付近の寒さだとこういう感じになるのか、あるいは建物を背にして防風しないといけないのか、東京では全く気にしなくても冬は越えられたけど、一定以上の寒さレベルだとまた考えないといけないのかもしれない。まあテント使えよって話なんですが。

朝起きてからは半田屋で大盛りカレーを頼んでしまって大変苦しくなってしまい、足も疲れてたので電車で仙台に向かうことにした。TOHOシネマズ仙台で朝イチで9:45入場開始だったのでそれまで駅で読書したりiKnowとかDuolingoとかしたりして時間を潰してた。開場時間が近づくにつれて心のぴょんぴょんが止まらねえんだ。

前日からネットで1300円でど真ん中の席を取ったんだけど、結局平日の朝イチだったからか、観客は10人くらいだった。大丈夫か仙台と思いつつ、まあ人いっぱいの東京よりはいいかもなーとも思う。都市機能は十分でなおかつ人がそんなにいないという点では仙台は広島に似てるのかもしれない。(東京でも映画館は朝空いているのかもしれないけど。)

映画の感想も書きたいけど、あと何十回か見て劇場版だけでなくごちうさという作品全般について自分の中で咀嚼したいところもあるのでとにかく映画館に行って欲しい。

とにかく声優の種田梨沙さんが復帰できて本当に良かった。早く僕も木組みの街に行きたい…

ちなみに全く関係ないけど、ソフマップでめぐみんが箱に囚われてるのを見かけて救出してしまった。ねんどろいどは実店舗のほうがネット価格より1000円くらい安いのね。

俺はもうダメだ。

スポンサーリンク
Google Adsense 336px
Google Adsense 336px

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense 336px