山本圭壱のライブに応募した

シェアする

yamamoto極楽とんぼの山本の復活ライブが1月19日に行われるそうで。観覧は抽選で選ばれるというので早速応募しておいた。彼の復帰については賛否があるらしいが、僕は早く復帰して欲しい派なので、当選したら是非生で見たいなと思っているし、彼の復帰に否定的な人って本当にいるのかなって実は思ってたりもします。

もし山本を見たいという人がいて、その需要がテレビや舞台で起用するメリットが存分にあるならば、彼を起用しちゃダメなんて理由は一切ないと思うんですよね。あの事件については、具体的な中身については色んな報道があって何が真実なのかはよくわからないけど、一つ確かなのは被害少女は示談を受け入れて事件は一応の解決をしているということで、加えてこの8年間、彼は田代まさしのように再犯を繰り返すこともなく過ごしてきた事実があるわけです。

ご存知、極楽山本は相当の女好きで、過去にも妊娠させ中絶させたりと女性関係で騒がしているくらいです。この8年間でもその女癖は治ってないという報道もありました。でも仮にその報道が事実だとして、結婚して不倫してるわけでもないのに双方合意の女性関係をもって何が悪いのか。女性関係で犯罪を犯したから反省もこめて一切の女性関係を断つべきと言いたいのか分からないけど、それってすげー無意味な気がするんですよね。

そもそも芸能界って清廉潔白な場所じゃなくて、結構な人が色々やらかしてるし前科者もいっぱいいます。酔ってタクシードライバーに暴行加えようが、自宅で不倫しているところを旦那と鉢合わせしようが、覚せい剤使用がバレて薬が体から抜けるまで逃げ回ろうが、見たい人がいて使いたい人がいれば、本人の反省次第で復帰できる世界だと思います。田代まさしの例を出しましたが、彼をテレビで見れないのは芸能界が清廉潔白な場所だからではなくて、社会的信頼を裏切り続けて見たい人も使いたい人も地上波ではいないからなんじゃないでしょうか。

極楽山本の女癖の悪さと事件の一面を見て彼の復帰にどうしても賛成できないという人は、相方の加藤浩次やロンドンブーツの田村淳をはじめ、彼が軍団山本と称して多くの芸人達に慕われている一面も持っていることも見て欲しいです。仮に彼が多少面白いだけで、中身は心底クズな性犯罪者止まりの人ならこういう声は上がらないと思います。

人々を楽しませる能力がある人であれば、多少の清濁は併せ呑むのが芸能界だと思います。低俗といえばそうですが、だからこそ物語があって面白い。復帰ライブの当選を心から願うニートでした。

スポンサーリンク
Google Adsense 336px
Google Adsense 336px

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense 336px