• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニートの海外旅行記vol.1 羽田~スカルノハッタ空港編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

indonesia1もう2週間ほど過ぎてますが、海外旅行に行ってきたんです。帰ってからイベント続きで週末ようやく書けるかなーって思ったらMacにコーヒーをこぼしたりしてなかなか書けずにそのまま奄美大島に旅行に行ってしまい、なかなか書けませんでした。まぁ言い訳です。

長年ひきこもり体質の僕で、広島県を出るかどうかも怪しかった僕ですが、上京(といいつつ神奈川)を機に、気付けば沖縄とか新潟とかチャンスがあれば色々と遠出するようになったと思います。

今年中になんか海外行きたいなーとなんとなく思っていたのですが、イベントを機に知り合ったご夫妻から「インドネシアの結婚式に参加しないか?」とお誘いを受けたので即答で「行きます!」と答えて初海外旅行が決定。どうせならと一週間くらい予定を組んで東南アジア各国を適当に回ろう計画を立てたのです。英語できないけど。

スポンサーリンク
Google Adsense 336px

ニートの海外旅行計画

なんちゃってバックパッカー的な旅にしたい

当初はジャカルタからシンガポール、マレーシアと渡り、最終的にバンコクに行って日本に帰ろうかと思っていたのですが、やはり日程的にキツキツになるということで、ジャカルタからシンガポールに飛び、ギークハウスジョホールバルに滞在。クアラルンプールかマラッカを見て、最後にシンガポールから日本に帰る計画です。ジャカルタはご夫妻やホストファミリーがいるし、ジョホールバルにはギークハウスがあるし、シンガポールには幼稚園から高校まで一緒だった友達がいます。初海外旅行でこれだけセーフティネット貼っとけば大丈夫だろうと、特に詳細に計画を立てることなく出国することになりました。
ちなみに荷物はザックに詰め込んで格好だけはバックパッカーぽくしておきました。

インドネシアの結婚式について

ところで、全く知らない人の結婚式に参加できるものなの?っていう疑問がありますが、どうやらインドネシアの結婚式は道で何やら結婚式があれば、参加してご飯を食べたりするというなんとも楽しい宴のようなのです。今回誘っていただいた方は、インドネシアに過去にインドネシアにホームステイしていて、そこのホストファミリーさんの息子さんがご結婚されるとのこと。
何より初海外で不安がいっぱいなので、同伴できるのはとてもありがたいということで、お言葉に甘えてご同行させていただきました。

LCC以外の飛行機に乗る

ご夫妻は今回ビジネスクラスに乗るということで、僕も同じ便のエコノミーで行くことになりました。飛行機はLCCにしか乗ったことがなかったので、普通の飛行機は初めてです。往復より片道のほうが高いんですね。びっくり。

ANAのラウンジに入る

indonesia今回ご同行させていただいたご夫妻はもう世界を飛び回っているくらいの旅好きで、ANAのラウンジが利用できるそうなので朝はラウンジに入れてもらいました。すごい。無料で食べ物やビールも飲めるし、電源やWifiなどで作業もしやすいです。

航空会社系のラウンジの他にもクレジットカード会社のラウンジもあるので、よく空港を利用する人は元が取れるかもしれない。

初のイミグレーション

国内線と違って国際線は荷物検査の後にイミグレーションと言って出入国検査のセクションがあります。

今回は時間もあったので自動化ゲートの申請も行いました。自動化ゲートを通った場合は原則パスポートにスタンプは押されないのですが、今回はせっかくなので戻ってスタンプを押してもらうことに。

ちなみに今回の海外旅行では自動化ゲートがそもそも無い空港もあったのであまり使う機会はなかったです。それっぽいゲートもあったんですけど、なんかうまく通れなかった。

エコノミーがすごい

indonesia5

今回はLCC以外の飛行機は初めてです。まず座席で映画が見れるのがすごい。僕は読書してたので使わなかったけど前の席の人が見てた和牛の番組がすごいウマそうでした。

あとビックリなのが機内食とかドリンクとか出るんですね。「え?これ無料なの?請求されない?」とか思って妙にそわそわしてましたが、もちろん航空機代に入ってます。なんかリッチやなエコノミー!味はまぁ普通だったけど出るのはすごいです。

確かに長時間フライトだとご飯とか飲み物とかのサービスがあると便利です。

税関申告を書く

indonesia2インドネシアの入国には税関申告が必要でした。なので機内でCustoms Declarationに必要事項を記入します。最初なぜかインドネシア語で渡されましたが、僕は日本人です。

まぁ英語がてんでダメなのでOccupationとかなんだっけっとかAccompanied baggageって機内持ち込み?あれ?それはCarry-on baggageだっけ?とか色々CAさんに質問して解決。こういうのは日本語が通じる内に解決しておくべきだなと。

余談ですが、インドネシアは6月にビザフィーの撤廃を決定してます。前々から6月中という情報はあったのですが、残念ながら今回の旅には間に合わず。。

スカルノ・ハッタ国際空港到着

ニート、異国の地に立つ

そんなこんなでジャカルタのスカルノハッタ国際空港に到着です。現地につくとモワッとする暑さ。とうとう異国に来たんだなと感動しました。

イミグレーション

機内で書いた関税申告を提出。ビザ代の35USドルを支払おうと思ったらなんとカードは使えず現金のみ。ちなみに僕はお金も卸合わせたので現金も6000円くらいしか持ってませんでした。

仕方なくご夫妻にお借りすることに。スミマセンでした。。。

関税を終えたら今度は入国審査です。特に何も聞かれることなく突破。(というかご主人が最初に代表して色々聞かれていた。)イミグレーションを突破したので晴れてインドネシア入国です。

ニート、機内におみやげを忘れる

indonesia4

初の海外に緊張しながらアへ顔ダブルピースを決めています。気温もそうだし人も服装ももう日本では無いなぁと感慨深く感じていたら、機内におみやげを忘れていたことが発覚。そうです。ジャカルタに着いた途端にもうはしゃぎまくって我先にと出た結果、シートの下に置いてあった日本のおみやげを忘れていたのです。これはまずいということで、空港を走り回り、必死に探します。つたない英語で探しまわって、空港職員に案内してもらい、忘れ物センター的なところに届けられているのを何とか発見!Thanks a lot!

しかしまぁめちゃくちゃ時間をかけてしまい平謝り。ご夫妻の友人の大阪の方も合流していて、日も暮れていたのでジャカルタ南部の家まで移動します。

次回、ジャカルタ編に続く。。。

スポンサーリンク
Google Adsense 336px
Google Adsense 336px
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネット乞食

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です